東京命日/島田虎之介
221 名前:東京命日[sage] 投稿日:2006/10/01(日) 18:00:16 ID:???
島田虎之介 全一巻 青林工社藝舎

12月12日。それは映画監督・小津安二郎氏(代表作・東京物語)が生まれた日でもあり
亡くなった日でもある。
彼の命日に墓参りのため円覚寺に集まるファンがいた。
その様子を撮るコマーシャル制作会社の新人社員、小林清。CF界の帝王安土四十六。
ストーカーの影に怯えるストリッパーの薮木ケイト、自分の母親は誰なのかと悩む戸田ナツ子。
同じ時間を生きる、それぞれの物語が小津の墓石の周りで動き出す…。

222 名前:マロン名無しさん[sage] 投稿日:2006/10/01(日) 18:23:13 ID:???
墓場を舞台にした群像劇?

223 名前:マロン名無しさん[sage] 投稿日:2006/10/01(日) 18:51:56 ID:???
>>222
要するに小津ファンの群像劇なんだけど、それぞれが問題を抱えてて
(小津ではない)身近な人の死を乗り越えて行くというお話です。
それぞれの話はバラバラかと思いきや、ところどころで重なったり
最後にはちゃんとぎゅーっと収束します。

難解ではないんですが、小津さんの映画の手法が大量に取り入れられた漫画で
読んだら衝撃受けることは確か。