SDガンダム外伝 騎士ガンダム物語 伝説の巨人編/ほしの竜一
204 名前:騎士ガンダム物語 伝説の巨人[sage] 投稿日:2005/08/14(日) 12:22:31 ID:???

 サタンガンダムを討伐してラクロアに帰還した騎士ガンダム。
彼を待っていたのは倒壊したラクロアの城と、住民が消えたラクロア城下町。

 国王レビルは精神を病んでいた。

「伝説の巨人が……伝説の巨人がラクロアを……」

 その夜、眠りに就いた騎士ガンダムをサタンガンダムの亡霊が襲う。
騎士ガンダムに取り憑く隙を見出せなかったサタンガンダムは、ガンキャノンを憑依する先に選んだ。



251 名前:マロン名無しさん[sage] 投稿日:2005/08/20(土) 15:55:07 ID:???
 翌朝、それぞれが伝説の巨人の情報を求めて旅立った。
騎士ガンダムは、ガンキャノンとともにサタンガンダムの髑髏の杖を求めて火口へ向かった。
髑髏の杖の力があれば伝説の巨人を倒せるというのだ。
 しかし、それはジオン族が流したブラフだった。ガンキャノンに取り憑いたサタンガンダムは、
火口に期しガンダムを突き落とそうとたくらんでいた。彼のその企みは予期せぬ闖入者の手によって失敗に終わる。
 火口で髑髏の杖を発見したガンキャノンを、杖を回収しにサタンガンダムの息子ドラゴンベビーと、
ドラゴンベビーの魔力で蘇ったモンスタージャイアントジオングが狙撃する。
 かつて騎士ガンダムに炎の剣で胴体ごと下半身を横一文字に斬り捨てられたジャイアントジオングだったが、
頭部の角と左右の両腕を自在に操り、足なんて飾りですよとばかりに猛威を振るう。
 激闘が繰り広げる最中、ガンキャノンは旋回する角によって胴体を真っ二つに切り落とされ、
流れ弾に被弾したドラゴンベビーは火口に落下する寸前、騎士ガンダムの投げた力の盾によって救われる。


252 名前:マロン名無しさん[sage] 投稿日:2005/08/20(土) 15:57:37 ID:???

「サタンガンダムが死んだ今、俺達が争う必要は無い。無駄な戦いは止めるんだ。ジャイアントジオング。」
 ドラゴンベビーを救い、ジャイアントジオングを諭す騎士ガンダム。その余裕ある態度に火を付けられたのか、
ジャイアントジオングは躍起になって騎士ガンダムを倒そうとする。

「サタンガンダム様は死んでいない。髑髏の杖とルフォイの星が出会ったとき、サタンガンダム様は蘇られるのだ。」
「何だと! ジャイアントジオング。ルフォイの星とは何だ?」
「預言者サラサのこと。そして、彼女が持つ恐るべき魔力を秘めた宝石の事だ」
 その巨体ごと騎士ガンダムにのしかかって押しつぶそうとするジャイアントジオング。  
その時、雲を突き破るようにして現れた巨大な足が、ジャイアントジオングを逆に踏みつぶした。
 呆気にとられて呆然と立ちつくす騎士ガンダムは、さらに彼の想像を超える光景を目の当たりにする。
下半身を失ったはずのガンキャノンが火口の淵に立っていた。

「あーあ、今のショックで髑髏の杖が火山の中に落ちていってしまったぜ。あれは回収不能だな。」
「ガンキャノン、お前は一体……。いくら我々モビルスーツ族でも、切り落とされた部分の再生は不可能のはず。」
「へ。あれしきのことでくたばるガンキャノン様じゃねーぜ。騎士ガンダム、こうなったら、ルフォイの星を探すしかないな。
彼女の力で伝説の巨人の居場所を突き止めるんだ。」
「ああ。そうだな。」

(そして、ガンキャノン、お前の正体もな!)

253 名前:騎士ガンダム 伝説の巨人[sage] 投稿日:2005/08/20(土) 19:28:27 ID:???
 ルフォイの星を持つという預言者サラサを探す騎士ガンダム達。
途中立ち寄った森でジムスナイパーと再会する。彼が連れた妖精キッカから、
巨人を眠りから解き放つ目覚めの星と、心の星の二つが存在することを聞かされる。
ジオン族は、伝説の巨人を目覚めの星の力で覚醒させたが、心の星を持たなかったため、
巨人を制御することが出来なかったのだ。

 一方、砂漠では、預言者サラサを先に見つけた騎士シャアがジオン族と戦っていた。
ジオンの戦士と兵士を斬り散らしたシャアだったが、騎士ガリヴァルディβが呼び出した
モンスタージャイアントスコーピオンザクのはさみに捕まって呑み込まれてしまう。
強烈な溶解液で溶かされていくシャアの衣服の下から、隠された異形の姿が現れでようとしていた。
 シャアの危機を救ったのは、主の危急を騎士ガンダムに知らせに奔った彼の愛馬彗星号だった。
彗星号の背から飛んだ騎士ガンダムは、シャアを突き飛ばしてスコーピオンザクの体内に侵入。
霞の鎧の力で溶解液を弾くと、電磁スピアーの力を開放してスコーピオンザクを電磁波の高熱で逆に
溶かし尽くした。不利を悟った騎士ガリバルディβが呪術師メッサーラに助けを求める。

254 名前:騎士ガンダム 伝説の巨人[sage] 投稿日:2005/08/20(土) 19:39:50 ID:???
 メッサーラの呪いで砂漠の砂が実体無きモンスターとなって襲いかかる。
苦戦する騎士ガンダムを救ったのは、ジオン族の総帥ジークジオンの魔力で
獣人へと変化させられたシャアの爪と牙だ。シャアの助けでメッサーラの呪いを
切り抜けることに成功したガンダムだったが、ジークジオンの魔力の力で竜巻に
巻き上げられたシャアは行方不明。巨人を眠らせるべくルフォイの星の力で
伝説の巨人を呼びだしたサラサは、代わりに現れたジオンの造り上げた泥の巨人
に連れられて砂漠の奥へと連れて行かれてしまった。残されたのは、サラサが必死で
守った巨人の心、ルフォイの星のみ。

10 名前: 規制くらった。 投稿日: 2005/08/20(土) 20:45:07 [ hb84LVqQ ]
 伝説の巨人の力を求める者は後を絶たない。
サタンガンダムにドラゴンベビー、ジオン族、騎士ガンダム達。
三つどもえのルフォイの星争奪戦の末、星は、突如姿を現した黄金の鎧を纏う
正体不明の騎士の手に渡る。彼は、呼び出した伝説の巨人サイコゴーレムの息吹で
騎士ガンダム達を砂漠の奥深くへ飛ばす。

11 名前: 規制くらった。 投稿日: 2005/08/20(土) 20:59:32 [ hb84LVqQ ]
 巨人の力で飛ばされた先は砂漠にそびえる砂岩の城。
そこで騎士ガンダムを待ち受けていたのは、サラサをさらった泥の巨人。そして、
泥の巨人の肩に乗る神官マクベ・カッツェの口から伝説の巨人計画の全貌が明らかに
される。

 磔にしたサラサと騎士セイラを使って騎士ガンダムを脅迫するマクベ。
そこに現れた黄金の騎士は、マクベの脅しを一笑に付せた。怒ったマクベは、
泥の巨人をけしかけ、伝説の巨人と泥の巨人の争いで砂岩の城が揺れる。

 混乱の最中、セイラとサラサを助けて本拠地内部に侵入する騎士ガンダム達。
そこでは、行方不明になっていたラクロア城下町の住民達がいた。彼らは、伝説の
巨人に連れられてここに来たという。この城は伝説の巨人の住まいでもあったのだ。

12 名前: 規制くらった。 投稿日: 2005/08/20(土) 21:24:52 [ hb84LVqQ ]
 ついに、ジオン族の総帥ジークジオンが騎士ガンダムの前に姿を現す。
幻影でありながら、その魔力は巨大なものであり、城の奥深くに鎮座する泥の巨人
の一体が騎士ガンダム達を狙って動き出す。

 一方、騎士ガンダムの仲間闘士ネモは、ジムヘンソンから受け取った真実の鏡を
背負って城内を彷徨うなか、サタンガンダムに取り憑かれた戦士ガンキャノンと
再会した。その時、真実の鏡がブラックドラゴンの姿を映し出した。
 正体を知られたサタンガンダムは、炎を吐いてネモを焼き殺そうとする。

13 名前: 規制くらった。 投稿日: 2005/08/20(土) 21:29:34 [ hb84LVqQ ]
 泥の巨人相手に苦戦する騎士ガンダム、あわやその手に捕まりかけた瞬間、
炎を背負ったネモが水を求めて飛び込んできた。
ネモの身体にまとわりつく火を受けた巨人の腕が燃え始める。
そして、水に飛び込んだネモも、火だるまとなって空中に飛び上がった。
ネモが飛び込んだのは、伝説の巨人が食糧とする燃える水(石油)だったのだ。
ネモの飛んだドジで泥の巨人の弱点を知った騎士ガンダムは、石油に浸したマントを剣に
まといつかせて、泥の巨人に戦いを挑む。失敗を悟ったジークジオンの幻影は姿を消した。

14 名前: 規制くらった。 投稿日: 2005/08/20(土) 21:37:59 [ hb84LVqQ ]
 燃え崩れ始めた砂岩の城の外では、黄金の騎士が持つルフォイの星を神官マクベが
奪い取っていた。しかし、マクベは手にしたルフォイの星から巨人に命令を下す前に、
闘士ネモが投げた根によってルフォイの星を跳ね飛ばされる。
 
 宙を飛ぶルフォイの星をめぐって、伝説の巨人の力を求める者たちが殺到する。
しかし、ルフォイの星は落下の衝撃に絶えきれず砕け散ってしまった。
騎士ガンダムと泥の巨人の激闘で揺れる砂岩の城の震動に足を取られた
 ドラゴンベビーは燃え上がる石油の池の中に落ち、
息子を助けようと跡を追ったサタンガンダムに取り憑かれたガンキャノンも、
石油の中に姿を消した。

15 名前: 規制くらった。 投稿日: 2005/08/20(土) 21:46:20 [ hb84LVqQ ]
 自分のもくろみが潰えたことを知った神官マクベは、黄金の騎士を殺そうとする。
しかし、彼の魔力は黄金の騎士に届かない。衝撃を隠せないマクベに黄金の騎士はこう答える。
「私の身体に呪いをかけた者はお前以上の魔力の持ち主だ。私にお前の呪いは通用せんよ。」
シャアの剣を胸に受け、マクベは絶命した。

 一方、最後の泥の巨人を焼き払った騎士ガンダム達は伝説の巨人を相手に苦戦していた。
心の星を失った伝説の巨人は、本来の善良な性を失い狂ったように暴れていた。
 弱点の無い伝説の巨人を前にして手も足も出ない騎士ガンダム。妖精キッカは、
涙の末に決断を下す。彼女の言葉に従い、真実の鏡が伝説の巨人を唯一倒すことの
できる光の弓矢の在処を示す。光の弓矢は泥の巨人の残骸の中にあった。

 真実の鏡が選んだ射手・騎士ガンダムが放った光の矢は、巨人の額を貫いた後天空に
昇り、流れ落ちる群れ星の大軍とともに帰ってきた。光の塊に射抜かれて崩れ落ちる
伝説の巨人の肉体。こうして、伝説の巨人サイコゴーレムは永久の眠りに就いた。
もう誰も彼の力を欲して呼び起こすことはない。

16 名前: 規制くらった。 投稿日: 2005/08/20(土) 21:57:16 [ hb84LVqQ ]
騎士シャア
 どの陣営にも付かない謎の騎士だが、実際はユニオン側に属する。
伝説の三神器を守る家系の生まれである。そのため、ジオン族に目をつけられて、
妹はスライムアッザムへと姿を変えられ、兄は獣となる呪いをかけられた。
 行方不明になった妹、騎士セイラを探し、自らの身にかけられた呪いを解く為、
三種の神器を求めたが、果たせず。騎士ガンダムに神器を譲渡する。
 その後、彼は伝説の巨人の力を求め、伝説の巨人サイコゴーレムの魂から
助力を得ることに成功する。