ピアス/井上雄彦
547 :マロン名無しさん :04/02/02 22:02 ID:???
「ピアス」
兄を海難事故で亡くした男の子と、母親の再婚で反抗期を迎えてる
女の子が、ちょっとだけ成長する、という話。

小6のりょうが秘密基地から海を眺めてたら、女の子がプレゼントの箱を
海に放り投げていた。それを見たりょうは、とっさに海に飛び込んでその箱を
拾いあげ、それを女の子に渡してビンタしてしまう。
怒った女の子は、猫パンチ的なもので応戦、ぶったりぶたれたりのいかにもな
子供のけんかが続くが、女の子がりょうの腕にかみついたまま、泣き出してしまい休戦。

りょうは、女の子を秘密基地に連れて行く。女の子が投げた箱の中身は、
母親が再婚相手からもらったピアス。さっきの女の子の行動は、母親への嫉妬からだった。

それを聞いたりょうは、自分もピアスをあけようと、安全ピンを耳に突き刺す。

りょうは昔、釣りにつれてってくれない兄に、ひどい言葉をはいてしまったことを、
女の子に話した。兄としゃべった最後の言葉だった。ポロポロ泣き出すりょう。
そのあとりょうの母親が心配して探しにきたが、自分の子供が耳から血を流してるのを
みて、気絶してしまう。

数日後、親に見つかった基地は解体されるが、女の子の残した手紙がおいてあった。
そこには、りょうへの一言と例のピアスをつけた女の子の写真が添えられていた。
因みに女の子の名前はあやこ。
りょうは手紙を読んで「りょうじゃねえよ、りょうただよ。」
で、幕。

636 :マロン名無しさん :04/02/06 11:58 ID:???
小学生の少女「あや」は、ある日海にピアスの入った箱を投げ捨てる。
しかしそれを見た少年「りょう」が海に飛び込み拾い、「海を汚すな」という
あやに噛み付かれ、思わず彼女を叩いてしまったりょうは、互いの治療のため、海沿いの岩肌の穴に作った秘密基地に案内する
あやが捨てたピアスは、夫がいない(詳細不明)母が恋人から貰った物で、あやはその場面を見ていた。
「お母さんはあんなの全然似合わない。私の方がもっと似合う物をあげられる」と、すねるあや
りょうは、ならオレがつける。と、針を熱し始める
その最中、りょうが海を見続けるのには理由を話す。
りょうの兄は海釣りに行くのに、自分を連れて行ってくれなかった。
兄は「6年生にならないと駄目だ」と言った
しかし、それは3年前の事だった。りょうは針を耳に刺しながら、「ぼく、もう6年生になったよ・・・」と泣く。
そこにりょうの母親が現れ、針を耳に刺したりょうを見て気絶。
その後秘密基地は封鎖されてしまう
ある日、あやから手紙が届く。あのピアスは母にではなく、自分へのプレゼントだった、と、片耳にピアスをつけた写真が同封されていた
「りょう くんへ、あやこより」という手紙の結びを読んで、もう一方のピアスをつけたりょうは、
「りょう じゃねえよ。りょうた だよ」と呟く