PAPUWA/柴田亜美
419 :PAPUWA1 :04/01/31 01:20 ID:RDT1xFH7
PAPUWA、前作の「南国少年パプワくん」の知識がある人向けに解説。

シンタローを新総帥として、悪い奴限定の懲らしめ屋になった新ガンマ団。
その本部で前作以来眠り続けていたコタローは、
不思議な声に導かれて夢うつつのままに脱走。
ボートで海上を行く彼は、ある海域に達したとたん、
ガンマ団の追っ手の目前で不思議な渦に飲み込まれた。
そして流れ着いた島は新パプワ島。
そこではおなじみのナマモノたちと、そしてもちろんパプワくんとチャッピー、
あと前作で赤い秘石の番人となったリキッド達が暮らしていた。

420 :PAPUWA2 :04/01/31 01:27 ID:RDT1xFH7
流れ着いたコタローを見付け介抱したパプワたち。
しかし起きたコタローは自分の名前など、一切の記憶を失っていた。
パプワはコタローの顔を覚えていたので素性を教えようとするが、
コタローが前回両目の秘石眼の力で破壊の限りをつくしたことから、
記憶を取り戻される事を恐れたリキッドがそれを阻止。
「君の名はロタロー」と語呂の悪い偽の名前を教え、
素性についても知らない振りをする。
こうしてパプワ、ロタローのお子様二人と家政夫のリキッド、そしてチャッピーの
四人暮しが始まった。

422 :PAPUWA3 :04/01/31 01:37 ID:RDT1xFH7
一方ガンマ団本部では、マジック元総帥が焦っていた。
弟コタローを溺愛するシンタロー総帥が遠征から帰ってきてこのことを知れば、
コタローを逃がしたマジックと二度と口を聞いてくれないと危惧したのだ。

彼はアラシヤマ、コージ、トットリ、ミヤギを呼び出し、シンタローにばれる前に
コタローを連れ戻す事に強制的に協力させる。
そしてこの四人はグンマの造ったいい加減な潜水服で
新パプワ島へ行く羽目になるのだった。

しかしリキッドがコタローに素性を知らせる事を妨害する上、
新パプワ島からは脱出不可能である事も判明する。

423 :PAPUWA4 :04/01/31 01:51 ID:RDT1xFH7
その後もパプワ島には、
武闘派過ぎて新生ガンマ団からクビになって暇を持て余していた元特戦部隊の
ハーレム隊長、マーカー、ロッド、Gが来て元部下のリキッドをいじめたり、
ガンマ団と敵対する人斬り集団「心戦組」がコタローを斬ろうと乗り込んで来るが
敵対してた理由がくだらないことであったことが判明し、
結局うやむやになったりと色々あった。

そして、とうとうシンタローが遠征を終え、可愛いコタローの顔を見に
本部に帰還してきた・・・という時点でコミックス収録話終了。