地球防衛少女イコちゃん/原作:河崎実 漫画:あさりよしとお
336 名前:地球防衛少女イコちゃん 投稿日:04/10/05 21:17:44 ID:???
主人公・河合イコは地球防衛組織LTDTでバイトする女子高生
イコは公園で酔い潰れていた宇宙人ミラクルマンを介抱し、
酔った彼からお礼に精神増幅器スーパーインカムを貰う。
各地に出没する怪獣や地球征服を目論む宇宙人、
お約束どおりに役立たずのLTDTや力を無くしたミラクルマンに代わって、
イコはインカムで増幅された「オネガイ」で解決していくのだった。

ミラクルマンの同僚が操られて地球の地上げに来たり
力を無くしたミラクルマンが隊員と合体(ウホッ)して巨大化するも
まるで歯が立たずに中の人が死に欠けたり、
原発の力で巨大怪獣を倒したり、酔った宇宙帝王が地球侵略に来たりと
そんな感じでギャグとパロディを交え話は進んでいきます。

最終話、
激強いオーガ星人によってLTDTは壊滅状態
切り札のイコの「オネガイ」もインカムが壊れたため効果が無い。
それでも平和を祈ったイコによるものか、力が戻ったミラクルマンがオーガ星人を撃退。
「インカムはあくまで増幅装置、純粋な祈りが奇跡を起こすのさ」とミラクルマン。
そして今日もイコはLTDTでバイトするのだった。

337 名前:マロン名無しさん 投稿日:04/10/05 21:43:53 ID:???
乙。オネガイって要するに祈ること?

339 名前:マロン名無しさん 投稿日:04/10/05 22:16:43 ID:???
>>337
そう、ただの「お願い」。でもインカムの力でどんな願いも適ってしまう。
怪獣に事故処理させたり、原発を爆発させたり、
数百tの物体を成層圏まで持ち上げたり。
でも私利私欲だとしっぺ返しを食らってしまうのが欠点。