愛の戦士ヘッドロココ/藤井みどり
96 名前:マロン名無しさん 投稿日:04/08/31 03:16 ID:???
愛の戦士ヘッドロココ
作者:藤井みどり
全七巻。小学校低〜中学年向き。

ビックリマンワールドでは天使の住む天聖界、悪魔の住む天魔界でそれぞれ暮らしていた。
しかし悪魔達は天聖界に攻め込んできて、ふたつの世界の戦いが始まった。
天聖界は日々荒れ果てて行き、天聖界のトップ・スーパーゼウスは天使の隊長?ヘッドロココに
新しい世界「次界」を探しにいくよう命じる。
そしてヘッドロココとおつきの天使達による旅が始まった…。

*これは次界という新天地を求める旅の中、天使と悪魔、天敵同士が和解し愛を育んでいくお話です。
 (大まかな筋をぶっちゃけて言えばロミオとジュリエットです。)

・登場人物
ヘッドロココ:前期主人公。天使・♂。天聖界のリーダー。
       美形で真面目、美人に弱い。よく戦う相手に教育的指導を行っている。
ワンダーマリア:後期主人公。悪魔・♀。天魔界の王女。(後付けくさいが)ロココの幼なじみ。
       おてんばですさまじく気が強いが乙女思考。
愛然かぐや:天地球界を治める女神。女らしく大人しい。ロココを慕っている。
神帝たち:ロココに付き従う7人の天使の少年達。マスコット的存在。

最初のへんどうでもいい話が続いてて説明しづらいので大まかに本筋だけ。

97 名前:愛の戦士ヘッドロココ その1 投稿日:04/08/31 03:24 ID:???
天聖界のリーダー・天使のヘッドロココは神帝達を引き連れ次界を目指して旅をしている。
悪魔の王女・ワンダーマリアは昔からヘッドロココに好意を寄せていた。
しかし種族が違うのに加え本人の愛情表現が屈折しているため素直になれず、ロココの命を狙い(なんでや)
ロココを慕う女神のかぐやを人質にとったり、色々とちょっかいを出してきていた。
(が、結局のところ惚れた弱みでロココを毎度助けている)

戦いを通して徐々にうち解け合うロココ、マリア、かぐや。
しかしマリアは、ロココは悪魔である自分のことなどけして好きになってくれないと悲観していた。
そして頭に血が上ったマリアはロココを巻き込んで、デス・ゾーンという魔の地にテレポートしてしまう。
ロココとマリアの脱出劇が始まる中、デス・ゾーンの外ではかぐやと、ロココを慕う人参(…)の
キャロル(そのまんまやんけ)によって二人の救出劇が練られていた。
キャロルはデス・ゾーンへと入り込み、ロココとマリアを捜し出し脱出を果たす。
そうして二人は無事に戻ったが、助けに入ったキャロルはデス・ゾーンの魔力に病んでしまう。
ロココとマリアはキャロルを救うため、「愛の泉」へと向かうことになった。
自らもロココと共に行きたい、と願いながらもかぐやは敢えて身をひき、マリアとロココを送り出す。

「愛の泉」を治める女神・セシールの国に辿り着いたロココとマリア、神帝達。
そこで村を苦しめる悪魔を退治したりしてロココとマリアの仲は深まっていく。
しかし天魔界ではマリアの母・女王ノアが娘が天使とつるんでいるのを見てブチ切れ、
ロココを殺すべく刺客を送り込んでいた。

一方ロココたちはセシールの荘園の門番、リージェに出会う。
リージェはセシールのいる館を教えるかわりにロココ達誰かの魔力をよこせ、と要求してきた。
ロココは敢えて自ら犠牲になり魔力をリージェに与える。
そして魔力を吸い取られる最中、「愛の泉」への扉を開けるのはどんな苦難も乗り越えられる愛の力、
という声をきく。魔力を無くしたロココは動物の姿になってしまった。
リージェは約束だ、と館への道を教えるがそれは試練の道だった。

98 名前:愛の戦士ヘッドロココ その2 投稿日:04/08/31 03:32 ID:???
マリアはリージェに騙されたことを怒り、ロココ達にもブチ切れて飛び出していってしまう。
そこにノアが送り込んだ刺客登場。神帝達にロココを殺すべく術をかけ、魔力をなくしたロココは大ピンチ。
癇癪を起こして飛び回っていたマリアはロココの助けを呼ぶ声をきき、救出に向かった。
そして神帝達の術を解き、ロココを優しく抱きしめますます二人の絆は強まっていく。
すると二人の絆とやらが認められたのか、リージェが再び登場。
ロココを殺そうとする刺客の魔力を吸い取り、代わりにロココは元の姿に戻ることができた。

リージェの試練を超えた二人はセシールの館へと招待される。
しかしその頃女王ノアは、マリアとロココが「愛の泉」へと辿り着いたことを知り烈火のごとく怒っていた。
そして悪魔の一族のプライドにかけて、たとえマリアを犠牲にしてでもロココを殺す、と術を放った。

セシールに会っている最中、かぐやが自ら身を引いてロココとマリアを見守っていたことを
知ったマリアはかぐや(の映し出された通信機)を持ち外へ飛び出す。
かぐやがライバルとして身をひいたことを知り怒り泣くマリア。
しかし心配して後を追ってきたロココに、ノアが乗り移ったマリアは襲いかかった。
ロココはノアにマリアを愛していることを告げるが、逆上したノアはロココにとどめを刺そうとする。
しかしマリアは意識を取り戻し、必死でノアの術に逆らった。
そして母にロココをずっと好きだったと告白する。
術に逆らったマリアはそのまま意識を失うが、ロココの導きで蘇る。
二人の絆を確認したセシールは「愛の泉」の魔力を二人に分け与えた。
これ以後二人は愛の奇跡とやらを色んな箇所で起こすようになる。

愛の奇跡の力でキャロルを救ったロココとマリアは、天地球のパーティへと招待された。
マリアはロココにかぐやが告白するべくセッティングするが、かぐやはロココがマリアを愛していることを
実感し自分の気持ちを伝えればロココが苦しむ、と何も語らなかった。

何も知らないノホホンとしたロココは、次界への旅にマリアと共に行くことを願い彼女を誘う。
しかしマリアは母を説得するべく置き手紙を残して一人天魔界へ戻ってしまった。
残されたロココは落ちこむが、マリアの言葉に従って次界へと旅立っていった。

137 名前:愛の戦士ヘッドロココ3 投稿日:04/09/05 05:26 ID:???
>96-98の続き

・新キャラ紹介
カイザー:天使との戦いで封印されていた最強の悪魔。ノアの部下。
     ロココとマリアの愛のパワーの副作用?で封印が解け登場。
エリス:ノアの3人の部下“ワルキューレの魔女”の一人で、マリアの幼い頃からのお目付役兼親友。
    薬の調合に長けている。カイザーの義理の妹で彼を慕っている様子(が、何もなく終わった)。
    マリアとロココのことを影から見守っている。
     
マリアは城へ戻り母を説得しようと試みるが、逆上したノアに城に閉じこめられてしまう。
さらにノアの命によりカイザーと無理矢理婚約させられてしまった。

その頃、ロココ達は極寒の地・スノーリアを通過していた。
スノーリアは魔女・お雪によって支配されており、天使の民は皆雪だるまに悪魔化されていた。
スノーリアでピンチに陥ったロココ達は、住民のオーロラ王子に助けられる。
オーロラ王子には「願い事を叶える鏡」の復活を助ける力があり、悪魔を滅ぼすことを願っていた。
その願いにマリアを愛するロココはうなだれる。

そんな中、ロココを想いなびかないマリアに業を煮やしたカイザーは、ロココ達の前に
マリアを連れて現れ婚約のことを宣言するだけして姿を消す。
残されたロココはマリアとカイザーが婚約したことを知り大ショック。すさまじくやきもきする。
マリアはぶち切れまくるが、城からなんとか脱出するべくカイザーを誘惑する作戦に出ることにした。

オーロラ王子はロココとマリアが恋人同士ということを知り怒って立ち去ってしまう。
宿をなくし先に進んだロココ達は一晩の宿を借りることにするが、そこはお雪の家だった。
カイザーにこまされたお雪は、ロココ達に術をかけ襲いかかる。
お雪の術で、ロココはマリアに襲われるという夢を体感し大ピンチに陥るが、
もはやここまでという時マリアとの愛のパワーでお雪の術を破る。
戦いの中で、オーロラ王子は愛のパワーで鏡を復活させて悪魔を滅ぼそうとするが、鏡はその願いは
悪魔が天使を滅ぼそうとするのと同じ(つまりどっちもどっち、と)ことだと語りその願いを拒む。
お雪はなおも攻撃を加えてきたが、最後はカイザーからもらった指輪にパワーを吸い取られてしまい消滅した。
ロココはカイザーに怒りを表す。

138 名前:愛の戦士ヘッドロココ4 投稿日:04/09/05 05:33 ID:???
復活した鏡はロココの願いを写し出した。ロココの願いは次界に行くこととマリアに会うこと。
ロココは次界にいくのは自分の力で辿り着き、そこまで歩むことが大事なのだとマリアの元へいくことを選ぶ。
そして鏡はロココ達を天魔界へとワープさせた。

一方、マリアはカイザーを誘惑し、ノアを油断させ城から出るチャンスを伺っていた。
そしてデートと称し城から出ることに成功。
そこでワープして空間のひずみから落ちてきたロココととうとう再開する。見つめ合う二人。
しかしカイザーによってマリアは連れ去られ、再び離ればなれになってしまう。
その上神帝の一人・ピーターまでどこか行ってしまって焦りまくるロココ。
しかしマリアは一瞬のスキをつき、ワープで落ちてきたピーターを連れてテレポートする。
ノアは怒りまくり、カイザーをロココの、エリス達部下をマリアの追っ手に差し向けた。

カイザーはロココをしつこく追い回し、悪魔の民をかばったロココは怪我を負ってしまう。
そして天魔界を守護する木「守護神・マザー」がある“ウッディ・ウッド”に迷いこんだ。
ウッディ・ウッドを守護する一族の少女・ルウは、ロココ達を殺そうとして森の木々に襲わせるが、
相手が天使だと知り助けることにしたらしい。そして天使と悪魔が戦い合うことを責めたてた。
戦いのせいで民が幸せのオーラを無くし、マザーが枯れてきてしまっているのだと訴えるルウに、
ロココは天使と悪魔は共存することができると主張。ルウはロココにあっさり惚れてメロメロになる。

カイザーはロココがウッディ・ウッドにいることを突き止め、マリアのイヤリングで
幻影を作り出しロココを誘い出した。
ルウはロココがマリアを愛していることを知りショックを受けるが、ロココを守るために
カイザーに攻撃を加えて追い出そうと参戦する。そして戦いのどさくさの中でロココに告白するも玉砕。
(しかし側近のヤドリ木がルウをかばって負傷し、彼への愛に気づくというベタな展開。)

139 名前:愛の戦士ヘッドロココ5 投稿日:04/09/05 05:38 ID:???
ロココとカイザーが戦っている頃、マリアとピーターは街でロココ達の行方を追っていた。
マリアはロココがピンチである状況を感じ取り意識を失う。
そして愛のパワーによって幻影化したマリアはロココの元へと辿り着くが、ロココがルウと親しげにしている
のを見てブチ切れ(マリアはすばらしく嫉妬深い)、怒りにまかせて愛のパワーでカイザーをふっとばし
ロココにも罵声を浴びせて姿を消してしまった。再びおいていかれるロココ。
愛のパワーでマザーは復活し黄金の実をつけた。ルウはロココに感謝し、ロココはウッディ・ウッドを去った。

そのままマリアはエリス達追っ手につかまり城に連れ戻されてしまう。
カイザーは婚約披露宴を開いてロココをおびき寄せる計画を立て、ロココは罠と知りつつノアの城へと向かった。
そして城に入り込み、マリアと再会する。再開した途端、即行で捕らえられるロココ。
しかしエリスはロココが持ってきたマザーの黄金の実を見て何かを想っていた。

ロココは宴で悪魔の餌食になりかけるが、そこで一同は気を失う。
エリスはマリアの幸福を願い、睡眠薬を流しロココを助けたのである。
が、間違えて笑い薬を流してしまったため、衆人大笑いの中マリアとロココ、ピーターは逃げ出すことに。
ハイな脱出劇を繰り広げる中、3人はノアの秘密の部屋に辿り着いた。
それはマリアの父でノアの夫、悪魔王ルシファの形見の部屋だった。
天魔界の嵐を鎮めるため命を落とした父への想いを、母が封印し温めていたことをマリアは知る。
そして二人の愛のパワーはルシファの姿を具現化した。初めて会う父に取りすがって泣くマリア。
ルシファはマリアを頼んだとロココに告げ、二人は許しを貰ったことを喜び合う。
さらにルシファは、悪魔王の資格を持つものだけがこの剣を使える、と自らの剣をロココに渡し、
二人をテレポートさせ追ってきたノアから逃がす。

そして取り乱すノアに愛する者たちが結ばれない世界は間違っていないか、
マリアの望んだことなら叶えてやりたいと諭し、ノアへの愛を告げて姿を消した。
ロココ達は天魔界から脱出し、次界への道を再び歩み出す。
カイザーはしつこく後を追い、ノアもエリス達3人の部下にマリアの影となるよう命じ、後を追わせた。

190 名前:愛の戦士ヘッドロココ6 投稿日:04/09/15 01:46:08 ID:???

天魔界を出たロココ達は次界への次の道、水の世界アクアーネに入った。
天使のイカ・イザカ王にもてなされたロココ達は、天使と悪魔がいがみ合っているアクアーネの現状をきく。
イザカの娘アイカは悪魔の女王・シースネイラの呪いによって眠らされており、
呪いを解くにはシースの妹・ローラが持つ真珠が必要であるという。
お人よしロココは彼らに力を貸すことにしたが、結局マリアが悪魔であるとばれて、皆幽閉されてしまう。
天使と悪魔が分かり合うなど夢物語だ、と荒れるマリアを慰めるロココ。
そこにイザカ王がお忍びでやってきた。彼はマリアとロココが恋人同士と知り、己の罪を悔やんで泣き始める。
かつてイザカはローラと愛し合っていた。しかしイザカは天使と悪魔という障害に負けて天使との政略結婚を
選んでしまう。捨てられたローラは傷つきそのまま姿を消してしまった。
その話を聞いてマリアはイザカを泣いて責めたてた。

そこにカイザーにたきつけられ、ここぞとばかりにシースネイラ率いる悪魔軍が攻め込んでくる。
イザカを殺してアクアーネを支配しようとするシースは、妹のローラにも暗殺者を送っていた。
大ピンチだったローラだが、姉がイザカまで亡き者にしようとしていることを知り本気で怒り、
死の歌で暗殺者を返り討ちにし、シースの元へ行き死の歌を歌った。
死の歌でやられたシースは、美しく誰からも愛された妹を妬んでいたことを訴え、瓦礫の中に姿を消した。
新しい女王になったローラは天使との共存を選び、イザカはローラにプロポーズした。
しかしアイカの呪いを解く真珠はローラの命だった。
ローラはアイカを救い、泡となって消えていった…かと思いきや、
ロココとマリアの愛のパワーでまたまた奇跡が起こってローラは復活。
イザカとローラは夫婦となり、ロココ達は天使と悪魔が共存するようになったアクアーネを後にした。

191 名前:愛の戦士ヘッドロココ7 投稿日:04/09/15 01:55:32 ID:???
さらに次に辿り着いたのは花の国フローリア。
そこでロココ達は悪魔に追われているチビ天使・ライラを助けてフローリアの現状をきく。
天使の女王・フローラは悪魔の王・フロルによって操られており、フローリアは破壊されそうになっていた。
ロココ達はライラとその友人の女戦士・グラディオーラの頼みを引き受けてフローリアを救うことになる。
そしてフローラとフロルのいる宮殿に攻め込んだ。
フローラの目を覚ますには、ライラが命をかけて咲かせる花が必要だった。
しかしライラは戦いに身がすくみ花を咲かせることができず、ライラをかばったグラディは命を落とす。
友人の死で目覚めたライラは花を咲かせることを決意するが、フロルとフローラが作ったシールドに
ロココと共に閉じこめられてしまった。

脱出不可能のシールドで閉ざされたロココを見て、マリアは自分もシールド内に飛び込んでいく。
3人が息絶えようとするその時、ルシファから授けられた剣が出現した。
天使と悪魔、二つの愛し合う力を持てば出来ないことはない。
二人は力を合わせシールドを破壊し、ライラは命をかけて花を咲かせてフローラを正気に戻す。
…かと思いきやまたも愛のパワーでライラ復活(もういいっちゅーねん)。ハピーエンド。
追いつめられたフロルは、フローラをずっと愛していたが天使と悪魔という立場の違いから言えなかった、
相手を操るしかなかったことを告白する。
ロココとマリアは天使と悪魔が憎み合っている現状にこそ罪があると告げた。
フローラはそれでもフロルには罪がある、として罰を与え、フロルの姿を木に変えた。
そしてフローラは自分が側で水をやり世話をしていこう、と語りかけた。
この国の行く末を話して行こう、と−。

とうとうロココとマリアは次界への門に辿り着いた。
しかし母とのことが心に残っているマリアは、最後の迷いを捨てきれない。
すると門は、迷いを捨ててからこの門はくぐらなければならない、とロココ達をテレポートさせた。
テレポートした所は天聖界にあるロココの家。
突然現れた息子達に驚く父王に、ロココは今までのことを話し父王は二人のことを祝福する。
そこにノアが極秘裏にゼウスと王の元へやってくる、という情報が入った。

192 名前:愛の戦士ヘッドロココ8 投稿日:04/09/15 02:05:45 ID:???
ロココの父を殺そうとしているのではないかと疑い、母を殺そうとするマリアに
ロココはなぜ母親を信じないのかと諭す。会談に現れたノアは、ゼウスと王に和平を切り出した。
天使と悪魔は共存できること、戦いが愚かだと分かった、と語る母にマリアは飛び出していき抱きついた。

しかし和平反対派の悪魔がノアとゼウス達の命を狙い押し寄せてくる。
ロココ、そしてノアを守るべくカイザーも現れ悪魔の軍との戦いが始まったが、
戦いの最中でいきなり嵐が起こり始める。それはかつて天魔界で起こった嵐と同じものだった。
双子星であった天聖界と天魔界が別れた時から、徐々に生じてきた空間のひずみである。
放っておけば天聖界は別空間に飲み込まれ、双子星である天魔界も消滅するだろう。
ノアはマリアを抱きしめ、どこにいても見守っていると告げて姿を消す。
そしていずれ天魔界と天聖界は滅びる、それまでに民を次界へと導いて欲しいとロココに告げ、
かつて夫がやったのと同じに全パワーを放出し嵐を止め消滅した。
戦いは終わり、ついにロココとマリアは次界への門をくぐった。
未来へとつながる扉を−−                      <完>
                         
ここは未完ぽいです。次の番外編でいきなり次界での生活がはじまっています。

悪魔と天使が共存して暮らす世界・次界に辿り着いたロココ達。
マリアとロココは結婚式をあげ、長男長女に恵まれた。
娘・ノアルシールの料理に精を出すマリアだが、ノアは料理を爆発させ亜空間への通路を作ってしまう。
そこを通り抜けたノアは、一人暮らしの少年クリスと出会いドタバタしつつ恋に落ちる。
その世界は魔力を持っていない人間ばかりで、魔力を持つものは異端とされていた。
しかしノアは召喚したドラゴンで闇夜を飛び回りハプニングづくしで、クリスと一緒に人々に追いつめられる。
一方マリアは、ロココに料理させて(ロココはすばらしい料理オンチである)亜空間への通路を再び造りだす。
そして津波でもうダメだーというその世界を救った。感謝する人々。大団円。
その後ノアとクリスはフライパンの通路を通ってデートを重ねている。      
                                      お わ り