ドラえもん のび太の日本誕生/藤子・F・不二雄
6 名前:のび太の日本誕生[sage] 投稿日:2005/07/31(日) 00:08:25 ID:???
川で魚を捕っている少年。
大物がとれ喜んで帰ろうとするが、遠くに火があがっているのを見つけ、慌てて駆け出す。
辿りついた村は、焼け果て村人は誰一人としていなくなっていた。泣き叫ぶ少年。
と、その時。空に黒い穴が開いたかと思うと、少年はその穴に吸い込まれ姿を消した。


本気で家出することを決意したのび太。
独立した人生を歩んでみせると息巻きドラえもんを感心させるが、結局道具は持っていく。
のび太はまず、空き地に住むことににするが、皆はどうせ続かないだろうとバカにする。
怒るのび太だが、空き地からは早々に地主に追い立てられてしまう。
次は裏山に行ってみるが、そこも宅地にするための工事が始まりやっぱり追い出されることに。
家に帰りドラえもんに泣きつくのび太。これが最後といってどこでもドアを出してもらう。
一度行ったことのある無人の村に行き、さっそく新生活を始めようとするが
今度は村がダムになるため、水の底に沈んでしまう。
あきらめろと言われても、どうしても家出したいのび太は外に飛び出し。ジャイアン、スネ夫、しずかに会う。
三人はさっきは散々バカにしたくせに、自分達も親と喧嘩したもんだからのび太を頼って家出してきたのだ。
さらに、家で預かることになったハムスターに怯え飛び出してきたドラえもんも家出仲間に加わることになった。

しかし家出しようにも場所がない。そこで五人はまだ人間が住んでいないころの日本に行くことにする。
タイムマシンに乗り込み、史上最大の家出といってはしゃぐのび太たち。
ところが突然四次元空間に時空乱流が発生する。早く行き先を決め、抜け出さなければ。
そこで既に人がいたと考えられている三万年前の倍の六万年前に更に一万年足した、七万年前の日本に行くことにする。
まず「原始生活キット」で原始人ルックに着替え、武器も装備することに。
次に家にするために洞穴を掘ることにするが、これはジャイアンが引き受けることにする。
花畑を作るのはしずか、畑の世話はスネ夫に決定するが、のび太には何をやらせたものかとドラえもん。
そこで、アンプルを注入するだけでできる簡単なペットを作る仕事をのび太に任せることにする。
バカにされたことを怒るのび太。しかし皆をあっと驚かせるようなアイデアを思いつく。

7 名前:のび太の日本誕生[sage] 投稿日:2005/07/31(日) 00:08:57 ID:???

そのころ、のび太たちの町の上空にあの黒い穴が現れた。穴から放り出され裏山に落ちる少年。
もちろんそんなことはまったく知らないのび太たち。
それぞれ自分の仕事に精を出し、それをサポートするドラえもん。
のび太の作ったタマゴからも、無事ペットが誕生した。
なんとのび太は複数の動物のアンプルを混入し、ペガサス・グリフィン・ドラゴンを作り出したのだ。
自分の計画が大成功したことに喜ぶのび太は、大きく育つまでは皆には内緒にしていくことにする。
洞窟の家も完成し、畑で取れた食事にも満足したのび太たちは、このへんで一度家に帰ってみることにする。
今日のことは誰にも秘密と約束し、家に帰っていく仲間たち。
その晩のび太の家の屋根の上には、悲痛な叫びをあげる少年の姿があった。

翌日学校で、家出だって一日に少しずつすればいいんだよと話し合うのび太たち。
これからはきちんと宿題を終えてから遊びに行くことにする。
家に帰り早速宿題を終わらせるが、なぜか家の冷蔵庫が空っぽになっており買い物を言いつけられてしまう。
その間にやってきたジャイアンとスネ夫は、のび太たちの帰りを待つ間に着替えておくことにする。
そのとき押入れから原始ルックの見知らぬ少年が現れ、いきなり2人に襲い掛かってきた。
なんとかやっつけたジャイアンは、しずかを連れ部屋に戻ってきたのび太とドラえもんに
なんで勝手に仲間を増やしたんだと怒るが、のび太たちも少年に見覚えはなかった。
とりあえず気絶した少年も乗せ、タイムマシーンで家出先に向かうことにする。

少年の衣装や武器が本物なことから、まさかこの子は本物の原始人なのではとの考えに至った五人。
ドラえもんは、恐らく時空乱流に巻き込まれて現代に飛ばされてきたのだろうという。
この時代の日本にすでに人が住んでいたことにがっかりするが、
ドラえもんはこの子がどの時代からやってきたのかを正確に調べることにし
怪我の手当てはしずか、この辺りの村の探索はジャイアンとスネ夫の2人で行うことにする。
おミソになったのび太は自分のペットの様子を見に行くことに。
すっかり大きく育ち、ちゃんとのび太のことを覚えていて甘えてくる三匹。

8 名前:のび太の日本誕生[sage] 投稿日:2005/07/31(日) 00:09:38 ID:???
村も見つからず、川で遊んでいたジャイアンとスネ夫はそこで突然ワニに襲われてしまう。
もうだめかと思った時、のび太と三匹のペットがワニを倒し助け出してくれた。
そのまま洞穴に帰ったのび太は皆にペットのお披露目をし、ようやく名誉挽回をする。
皆が出て行っている間に少年も意識を取り戻し、しずかの看病によりかなり回復していた。
ホンヤクコンニャクにより会話ができるようになった少年は、自分はヒカリ族のククルと名乗った。
ククルは魚をとって帰る途中に空の穴に吸い込まれたのだが、村人たちは川に行っている間に
ずっと前から狙われていたクラヤミ族にさらわれたらしい。
戦おうにも向こうには不死身の精霊王ギガゾンビがついているため、とてもかなわないと話すククル。
それはきっとまじない師のようなものだろう、とドラえもん。そんな迷信みたいなのが相手なら大丈夫と
息巻くのび太たちだが、ククルはギガゾンビの魔力はインチキなんかじゃないという。
しかしだからといってククルや捕まった村人たちをほっておくわけにはいかない。
ククルの村の場所が今でいう中国だと突き止めた一同は、明日大陸に出動することにする。

翌朝、一人で村に行くと言って出て行こうとするククル。
凶暴なクラヤミ族と精霊王相手の危険な戦いに皆を巻き込みたくないという。
そこでドラえもんは「風の精霊に命じて君を飛ばす」といってタケコプターでククルを飛ばしてみせる。
驚くククルに、ドラえもんは実はドラゾンビという偉いまじない師なんだよと続けるスネ夫。
だから安心して俺達にまかせろ、というジャイアンに、ようやくククルは心を開いた。
こうして一同はククルと共に村人救出のため中国大陸に向かうことになった。
今回はのび太のペットたちに乗っての旅なので、タケコプターの電池の心配はない。
その晩ククルの村に到着するが、やはりそこには誰一人として残っている者はいなかった。
悲しみにくれるククルに、捕まえられたなら取り返せばいいと励ます五人。
夜が明けると早速クラヤミ族のあとを追いかけることにする。
ここからは目立つといけないから、ペガサスたちはここに置いてタケコプターの旅である。
クラヤミ族に村人たちが連れて行かれたのは四日前。まだ間に合う距離のはずだと急ぐ六人。

9 名前:のび太の日本誕生[sage] 投稿日:2005/07/31(日) 00:10:46 ID:???
縄に繋がれクラヤミ族に引っ立てられながら歩きつづけるヒカリ族の村人たち。
途中で倒れてしまい乱暴を振るわれた長老をかばい、手を縛られながらも戦うヒカリ族の男に対し、
クラヤミ族の男が担いでいる神輿の中から「手ムカウ者ハ殺シテシマエ」と声がする。
そこに、ドラゾンビに扮したドラえもんが現れた。
のび太やククルたちも加わり、クラヤミ族を追い払うことに成功する。
ところが残った神輿の中から、突然土偶が飛び出してきた。
この土偶こそがさっきの声の主・ツチダマである。
衝撃波を出して攻撃してくるツチダマだが、なんとか攻撃を跳ね返し粉々にすることができた。
なぜこんな土の塊が動いたり喋ったりしたのだろうと不思議に思う一同。
解放されたヒカリ族。ククルは両親と再会できた。皆一様に頭を下げドラえもんに感謝を捧げる。
村人たちを安全な日本に連れて行くことにした五人は、どこでもドアを出し移動を始める。
全員くぐり終わり扉を閉めるのび太。
だがその直後、なんと砕けたはずのツチダマが元の姿に戻り、どこかに姿を消していった。

日本に戻る前に、途中で置いていったペガサスたちを迎えにいったのび太たち。
しかし三匹の姿はどこにも見つからない。心配するのび太。
きっとあの三匹なら自分達の力で生きていけるだろうと慰められ、そのまま日本に戻ることにする。
日本についたヒカリ族の村人は、さっそく村の再建を始めることに。
ジャイアンたちもそれを手伝うが、のび太の姿がどこにもみえない。
ククルが探しに行くと、のび太は三匹を育てた川原でエサを持ってぼんやりしていた。
昔飼っていた狼の子が、いなくなって一月以上してから無事に帰ってきた話をのび太にするククル。
その話に励まされたのび太は、ようやく元気を取り戻す。
その晩、村人の祝いの祭りに招待された五人。もちろんドラゾンビは特等席である。
新しい村の順調な走り出しに安心した五人は、翌朝現代に一旦帰ることにする。
三匹のエサをククルにたくすのび太。
またすぐ戻ってくると村人に約束すると、タイムマシンに乗り込んだ。

10 名前:のび太の日本誕生[sage] 投稿日:2005/07/31(日) 00:11:35 ID:???
そのころ、吹雪の吹き荒れる山にあるどこかでギガゾンビがツチダマを叱咤していた。
トコヤミの宮を完成させるにはもっと奴隷が必要だと怒るギガゾンビに、ドラえもんのことを報告するツチダマ。
それを聞いたギガゾンビはドラえもんの行方を探すようツチダマに命じる。

翌日、学校から帰ってきたのび太。なにやらドラえもんは深刻な顔をしている。
ドラえもんはツチダマの手首を拾ってきたのだが、それが砕いてもまた元の状態に戻ることに気づいたのだ。
これが石器時代にあるはずもない「形状記憶セラミック」だと気づいたドラえもん。
ギガゾンビはただのまじない師なんかではない。
ヒカリ族の身を案じた五人は、すぐにタイムマシンに乗って村に行ってみるが一足遅く、
村は焼け落ち、そこにはククルや他の村人の姿はなくなっていた。
そこにギガゾンビの映像が現れ「村人を返してほしくばトコミヤの宮にやってこい」と言うと姿を消した。
五人は昨日村人を助け出した場所まで戻ると、村人を助け出すための旅を始めた。

タケコプターで飛びつづける五人。
どんどん北に向かっているため、寒さが厳しくなってきた。
タケコプターを休ませるために歩かねばならず、早く走る道具を使うことにする(電車ごっこみたいなの)。
ハイスピードで走りつづけるが、吹雪で進めなくなったため洞穴に避難することにした一同。
そのとき、のび太がいなくなっていることに気づく。振り落とされてしまったのだ。
すぐさま探しに行こうとするが、この吹雪では皆も遭難してしまうだろう。
そこで、ドラえもんの道具にのび太の答案を着け捜索をさせることにする。
勢い良く飛び出していった道具に希望を託す四人。
だが、直後にそれを発見したツチダマによって道具は壊されてしまう。

11 名前:のび太の日本誕生[sage] 投稿日:2005/07/31(日) 00:12:21 ID:???
待っている間に、洞穴の奥に地下に続いていく階段を発見した四人。
どんどん地下に下りていくと、そこで一人のクラヤミ族の男を発見する。
ここがトコヤミの宮であることを確信した五人は更に進んでいき、
遂に捕まった人たちが働かされている場所を発見する。
殴られそうになったククルを見つけて、時間の流れをストップさせたドラえもん。
まず先に皆を逃がす脱出ルートを用意しようと、通り抜けフープを使うと
ちゃんと地上に通じているかどうか、一人で確認のために穴に入っていくことに。
しかし歩いても歩いてもなかなか出口がなく不思議に思ったころ、
ようやく出た所はこの時代にあるはずもないコンピュータールームだった。
驚くドラえもんだが、さらに不思議なことに、時を止めたはずなのに扉の向こうから誰かが来るではないか。
やってきたのはギガゾンビだった。タイムロックは解除したという。
そこでドラえもんはギガゾンビが未来人で、歴史を作り変えようとしている時間犯罪者なことに気づく。
思ったとおり、ギガゾンビはここを根城にした永久王朝を作ろうと企んでいた。
捕まえてタイムパトロールに引き渡してやろうと立ち向かうドラえもん。
しかしギガゾンビは23世紀からやってきた未来人だったため、ドラえもんが敵うはずもなく
他の三人もすぐさま捕らえられてしまった。

一方、吹雪の中に取り残されたのび太は一人彷徨っていた。
しかし意識が朦朧として幻が見えるようになってき、遂には倒れてしまう。
意識を失ったのび太。自分が何かを飲んでいることに気づき目を覚ます。
そこにいたのはマンモスだった。栄養ドリンクのようなものを飲ませてくれたらしい。
マンモスが何かを言っているようだが、幻だと思ったのび太はただ眠たく、何も聞こうとしない。
何かを探しているようなことを言うと、小箱をのび太に渡しマンモスは去っていった。
次にのび太が目を覚ましたときには吹雪はすっかりおさまっていた。
なんだか変な夢を見たことしか思い出せないが、しかし体はすっかり回復している。
さっそく皆を探そうと歩き始めたのび太の前に現れたのは、
なんといなくなっていた三匹のペットたちだった。再会に涙を流して喜ぶのび太。
その後捜索に出た道具が落としていった答案を発見し、ドラえもんたちがこの近くにいることを知る。

12 名前:のび太の日本誕生[sage] 投稿日:2005/07/31(日) 00:13:05 ID:???
捕らえられたドラえもんたち四人は、生贄としてサーベルタイガーのエサにされそうになっていた。
そこに飛び込んできたのは、三匹に乗ってやってきたのび太である。
お互いの無事を喜び合う五人は、ペットに乗って地上に逃げようと飛び立つ。
追いかけてくるツチダマも破壊し、今度は復活封じもすませるが
それを見ていたギガゾンビに落盤を起こされ地下に閉じ込められてしまう。
通り抜けフープは置いてきてしまったため脱出することができない。
そのときのび太は、夢でみたマンモスに貰った小箱を持っていることに気づく。
ふたを開け中のボタンを押してみるが、ピコピコ鳴りつづけるだけで何も起こらない。
絶望する五人。

そのころ、発信音をきいたマンモスの中からタイムパトロールの船が現れた。
実はあのマンモスは、ギガゾンビの基地を突き止めようと変装していたタイムパト―ロールだったのだ。
すぐさま機動隊が駆けつけてくると、瞬く間にギガゾンビは逮捕され、のび太たちは救出された。

こうして、ククルたちヒカリ族は再び日本に戻ることができた。
立派な村を作ると約束する村人たち。ここから「日本」が始まるのだ。
ペガたちは空想サファリパークに連れて行かれることになった。
架空の動物はどの時代にもおいておくわけにはいかないのだ。
「未来の子供達にかわいがってもらうんだよ」
のび太が別れを告げると、三匹を乗せたタイムパトロールの船は去っていった。

その後、気になってククルの20年後をタイムテレビで見た五人。
ククルは立派に成長し族長となり、村人たちに尊敬されていた。
それ以前の日本にも人間はいたようだ。だが彼ら(旧人)はやがて全滅したらしい。
だからあのとき、ククル一族(新人)が住み着いた瞬間こそが“日本誕生”だったのだ。
それから、ペガたち三匹も空想サファリパークで可愛がられ、幸せに暮らしている。

《完》