ドラゴンクエスト ダイの大冒険/原作:三条陸 漫画:稲田浩司  監修:堀井雄二
327 :ダイの大冒険 :04/01/27 15:23 ID:???
ダイの大冒険、一旦書いた部分までの人物紹介。

ダイ:主人公。勇者を目指す少年。竜の騎士(ドラゴンの一族)の血を引く
ポップ:アバンの弟子で魔法使い。始めは臆病者だったが、ダイと旅をしていくうちに成長。
マァム:アバンの仲間であった戦士と僧侶(名前忘れた)の娘。その両方の能力を持つ。
     アバンの弟子であり、魔法を込めることのできる銃、魔弾丸をアバンから授けられた。
レオナ:パプリカの王女。賢者のはずだが、攻撃呪文は使ったことないような。
クロコダイン:バーンの配下の一人。獣王の名を持ち、外見は「リザードマン」てと言った感じ。
         誇り高い武人であり、ダイに負けた以降は見方になる。
ヒュンケル:アバンの一番弟子。最強の剣士。モンスター(ガイコツ剣士)に育てられ、彼を父と
       慕っていたが、彼がアバンに倒されたことで人間を憎み、バーンの配下となる。
       マァムによって真実を知ったあとは、ダイ達の見方になる。
ハドラー:かつての魔王。アバンによって倒されるが、大魔王バーンによって復活。
      何度もダイたちと戦うことになる。
フレイザード:バーンの配下の一人。右半身が炎、左半身が氷である。(逆だったかな?)
         残忍な性格。バーンの配下の中では一番出番が少なかった。

329 :ダイの大冒険 :04/01/27 15:39 ID:???
13年前、魔王ハドラーを勇者アバンが倒し世界は救われた。
モンスターばかりが住む平和な島、デルムリン島で暮らす少年ダイは
友達の「ゴールデンメタルスライム」ゴメちゃんをさらったニセ勇者を倒したり、
暗殺されかけたパプリカの王女、レオナを助けたりしながらダイは成長していく。
ハドラーが復活したことを告げたアバンの元、ポップとともに修行を積むが、ハドラーからダイたちを守るため
メガンテで散っていった。
その後ダイとポップはロモスへと旅立ち、迷いの森でマァムと出会う。
彼女とともにロモスへと向かうが、クロコダインが現れる。これを撃退し、
レオナのいるパプリカへと向かった。しかし、ここはかつてのハドラーの本拠地があったところ。
今はヒュンケル率いるアンデッド軍団によって滅ぼされていた。
圧倒的な力と全ての魔法を防ぐ鎧を持つヒュンケルにかなわず、クロコダインの横槍によって一時撤退。
ダイとポップは協力してライデインを使えるようになり、再戦。これには鎧も通じず、大ダメージ。
さらに剣に魔法の力を付与する「魔法剣」によってヒュンケルを倒す。
アバンは憎むべき敵ではないと知ったヒュンケルであったが、フレイザードによって火山へと飲み込まれてしまった。
レオナが避難している島へとダイ達は赴くが、そこにはすでにフレイザードが。レオナを氷漬けにされてしまったうえに、
またもや一時撤退。避難した先にいたアバンの仲間の一人、魔法使いマトリフによってポップが鍛えられ、再戦。
まずは島の結界を解くために「炎の塔」と「氷の塔」を崩さねばならない。
炎の塔へと向かったダイを敵の軍団待ち受けていたが、駆けつけたクロコダインによってこれを撃退。
一方氷の塔へと向かったポップとマァムにはハドラーが立ちふさがる。
こちらにはクロコダインによって助けられていたヒュンケルが駆けつけ、これを倒す。
(これ以降、ヒュンケルは聖闘士星矢の一騎のごとく、何度も死にそうになっては復活する)
フレイザードを倒すには「核」を斬らねばならない。ダイは「空裂斬」を会得することでこれに成功。
魔弾丸を犠牲にし、氷漬けにされたレオナを救い出した。
復興に浮かれるパプリカであったが、魔弾丸を失ったマァムは
武道家として修行することを決意し、パーティーを離れる。

331 :ダイの大冒険 :04/01/27 16:50 ID:???
ダイ・ポップ・レオナは装備をそろえるため大きい待ちに赴くが、そこに竜の軍団が襲ってくる。
その後竜の騎士の謎に迫るためある小国(名前忘れた)に行く。そこで知ったのは竜の騎士の伝承。
竜の騎士とは、世界を支配せんと企むものがいたとき、これを倒す役目を負ったものである。
竜の騎士は仲間も家族も持たず戦う孤高の戦士。……のはずであった。
そこに襲ってきたのはバーンの配下の一人、バラン。なんと彼はダイの父親である。
ダイをディーノと呼び、ともに人間を滅ぼすよう呼びかけるが、ダイは拒否。駆けつけた
クロコダインとともにバランを退けるが、仲間の結束がダイの力になると判断したバランは竜の紋章の
力でダイの記憶を奪う。
戦力不足を承知でバランを迎え撃つことを決意するレオナたちであったが、ポップは一人逃げ出す。
しかしこれはバランの3人の腹心を足止めするためであった。ポップは追い詰められるが、またもや
ヒュンケルに助けられ、自力で一人を倒す。ヒュンケルは例の鎧でもう一人を簡単に倒す。
だが最後の一人ラーハルトもまたヒュンケルと同じ鎧を持っていた。ヒュンケルは剣、ラーハルトは鎧。
ヒュンケルは次第に圧倒されていく。戦いの中、ラーハルトは冥土の土産にと、バランが自分だけに
話してくれた「バランが人間を憎む理由」を語る。

ハドラーが世界を支配しようとしたのと同じ時期、バランは魔界を支配せんともくろむ竜の軍団と戦っていた。
この戦いで傷ついたが、王女ソアラと出会い、彼女に救われ、愛が芽生える。長い歴史の中で、初めて
竜の騎士に子供ができてしまった。それがダイである。駆け落ちした二人は子供にディーノと名づけ
幸せに暮らすが、やがて捕らえられる。王にとってバランは許せる存在ではなかった。
バランは甘んじて処刑をうけようとするが、ソアラがそれをかばった。全てを許せなくなったバランは
国を滅ぼし、(世界地図を見ると、そこだけきれいさっぱりなくなってる。どういう壊し方だ)バーンの配下となった。

332 :ダイの大冒険 :04/01/27 16:51 ID:???
ラーハルトは人間と魔族のハーフ。ダイと同じ境遇である。真実を知ったヒュンケルはダイのためにも
バランにためにも、と決死の覚悟でラーハルトに挑む。一気に強大なオーラを放出する「グランドクルス」に
よってラーハルトを倒す。(DQ6にそんな技があったが、魔法剣もグランドクルスもこちらが先である)
そして、ラーハルトは鎧の魔槍をヒュンケルに託す。
一方バランをレオナ・クロコダインのたった二人で迎え撃つ。バランの必殺技、「ギガブレイク」
(ギガデインを使う)を防御のみに徹することで足止めするクロコダイン。ダイの復活を信じているのだ。
駆けつけてきたヒュンケルとポップ。ヒュンケルの言葉を受け入れられないバランは本気モード「竜魔人」
へと変身する。圧倒的な力に手も足も出ない。そのオーラに反応して、牢に閉じ込められていたダイは
自力で外へ出る。バランのことを父親だと言ったダイの目の前でポップはメガンテを使う。目の前で
大事な人を失ったショックに、ダイは記憶を取り戻す。竜の騎士同士の壮絶な戦いが始まった。
ダイのアバンストラシュに、パプリカのナイフは砕け散った。武器がついてこれないほど、その力は強大だった。
バランは竜の騎士のための武器「真魔剛竜剣」で、ダイは鎧の魔剣を手に戦う。だがバランの方が年季が上だった。
追い詰められたダイを救ったのは、死んだはずのポップのベキラマ。この隙を狙い、アバンストラッシュが炸裂する。
戦いの後、鎧の魔剣は力に耐え切れずに消滅。ポップの状態を確認しても、彼は完全に死んでおり、
なぜ呪文を使えたのかは、わからない。(それこそ、「絆」とかそんなもん。)未熟なレオナのザオラルでは
生き返らせることはできなかった。
バランを倒したのは、彼が否定した「人間の心」。それに打ちのめされた彼は自らの血を飲ませ、ポップを
生き返らせる。人間の心は捨てるべきではなかったのか。彼は答えを求め、一人立ち去っていった。

333 :マロン名無しさん :04/01/27 16:53 ID:???
バラン編は重要なキーポイントであると判断し、(個人的にもここ好きなんで)
めっちゃ詳しく解説しました。さすがに今後この細かさは無理だ。

337 :ダイの大冒険 :04/01/27 17:42 ID:???
療養中、ハドラーとザボエラが襲ってくるが、マトリフによって撃退。ここでハドラーは「超魔生物」という
キーワードをにおわす。
マトリフはアバンが著した武芸書を探していた。
槍の戦術を読んだヒュンケルは鎧の魔槍を使いこなすために、一人修行に出る。
強力な武器の必要に迫られたダイ達はロモスが開催する、「覇者の剣」が賞品である武術大会に
出場しようとするが、締め切りに間に合わなかった。とりあえず観戦しようとしたところで出会ったのは、
武道家として修行を積んだマァムと、兄弟子である大ねずみのチウであった。
決勝が始まるところで主催者のザムザが本性を現す。彼はザボエラの息子であった。
優れた武芸者をとらえて、超魔生物を作る実験にするためのサンプルを集めるのが彼の狙いである。
決勝進出者たちは捕らえられ、ダイ達は立ち向かうが、ペース配分を忘れた戦いであっというまに力を
使い果たし、飲み込まれてしまう。マァムは生物を破壊するほどに過剰な力をもった回復魔法「マホイミ」
を応用した奥義によって牢を脱出し、超魔生物もこれにはかなわず大ダメージを受ける。
少し回復したダイは賞品の覇者の剣でアバンストラッシュを使い、ザムザを倒すが、彼の語るには
それはニセモノ。本物はハドラーの手に渡っているという。そして、ハドラーは超魔生物へと変身を遂げていると。

強大な武器を求めるダイが占いに従って向かった先は、ポップの故郷である。
彼の父親は鍛冶屋兼武器屋だったのだ。父親のツテで鎧の魔剣と魔槍を作った、刀匠ロン・ベルクのことを知る。
ロン・ベルクにかけあってみるが、彼は情熱を失っており、聞く耳もたない。しかし、ダイが先の戦いで
真魔剛竜剣を折ったことを知ると、ダイのためならと剣と作ることを了解。かつてロモス王から授かった
オリハルコン製の王者の冠を材料に、剣を作った。

338 :マロン名無しさん :04/01/27 17:46 ID:???

レオナは魔王軍に立ち向かうためにサミットを開いていたが、そこにバーンの本拠地である鬼岩城が攻め込む。
(これは外見が岩で、人の形をしている。)これを知ったダイ以外の全員で迎撃、ヒュンケルも駆けつけるが、
ミストバーンが現れる。正義の心を持っていなければ使えない「空裂斬」の槍バージョンである「虚空閃」
(漢字間違ってるかも)でこれを追い払う。一方、剣が完成したダイの一閃で鬼岩城はあっさり崩壊。
キルバーンの人間を見下した言葉にキレたポップが一人深追いし、ダイもこれを追う。キルバーンの罠にはまって
ポップは追い詰められるが、ダイに助けられる。そこに現れたのは超魔生物ハドラー。覇者の剣でダイと同等の
力を手に入れ、超魔生物の力でダイを倒す。クロコダインによって撤退するが、ダイは氷山のどこかに埋もれたのを
置いていったまま。再びここを訪れ、ダイを助けるがザボエラが現れる。だが、これを邪魔したのはハドラーが
オリハルコン製のチェスの駒から作った部下の一人であった。ここは無事撤退できたが、
オリハルコン製の体で魔法の通じない、新たな敵が現れた。


373 :名無し :04/01/30 04:46 ID:???
じゃあダイの大冒険続きかいてみます

ダイを無事救出したポップ達は決戦に向けて各自修行に励む。
ポップはオリハルコンの敵には従来の呪文が通じない事を悟りマトリフに相談。
マトリフはポップに当ればどんな敵も消滅するメドローアという呪文を授ける。
世界中の人間が協力してラスボスのいる大陸(名前忘れた)に行こうとしていた
のだが、そこに魔族が襲ってきたとの情報が入りダイとポップが先行する。
そこに、北の勇者を名乗るノヴァというのがいてダイは協力を呼びかけるが
ノヴァは「勇者は俺一人だ」とダイへのライバル心からこれを拒否、単独で
オリ軍団に戦いをしかける。言うだけあってノヴァはわりと強いのだが
オリには通用しない。ノヴァがやられた所でヒュンケル、マアム、クロコが来る。
オリ軍は強かったが仲間の協力でポップのメドローアが炸裂し全滅、と思われたが
オリ軍の一人ブロックが身を呈して仲間を助けていた。
これによりオリ軍はただ強いだけじゃなくチームワークも優れた戦士とわかる。
オリ軍は雑魚掃討の為だけに来てたので帰る。
この時別行動をとっていたチウが敵大陸の場所をさぐり当て侵入していた。
帰ってきたオリ軍の一人フェンブレンがチウを殺そうとしたらバランが助ける。
ポップとヒュンケルとクロコがやってきてポップがチウを連れ帰り
ヒュンケルが命がけでバランを説得し仲間にする。
場所のわかった敵大陸にダイとバランが海中の門から、残りが上から乗り込む。
フェンブレンを倒し魔王の城に入ったダイとバランの前にハドラーが立ちふさがる。
ハドラーは只でさえ滅茶強くなってるのに、体内に黒のコア(すげー爆弾みたいなの)
が埋め込まれていて、ハドラーを殺せばそいつが爆発するっていわれて困る。
困ったバランはダイを呪文で眠らせ最強の竜魔人形態に変化。
ハドラーを殺して黒のコアの爆発を竜闘気で抑えようとするが、
魔王の腹心ミストバーンが現れて爆発させる。
しかしバランが抑えてくれたおかげで地上のポップ達とダイは無事。
ポップ達が来て起きたダイは変わり果てたバランを発見。
ダイは死に行くバランに初めて父さんと呼ぶのであった。

374 :名無し :04/01/30 04:46 ID:???
バランの魂を受け継ぎ戦う決意をするダイの前に大魔王と二人の腹心が現れる。
一人で戦ってやると舐めきった態度の大魔王。
バランの死体をメラで燃やされ怒ったダイが飛び掛るが一撃で倒れる。
全員で飛び掛るものの圧倒的なレベルの違いにかすり傷も与えられない。
大魔王の強さに勝ち目は無いと判断したポップは全員を連れ
ルーラで逃げるが透明な壁に阻まれ墜落する。
「大魔王からは逃げられない」その事実に愕然とする一行。
絶望するパーティの中ダイが目覚め大魔王に再び挑む。
善戦されてむかついた大魔王は最強の武器、光魔の杖をとりだす。
光魔の杖にダイの剣も折られダイすら戦意喪失。
大魔王は容赦無くエネルギー障壁みたいな奴を出す。
ヒュンケルとクロコがかばって倒れる。
大魔王がもう一回エネルギー障壁をだそうとすると何故かハドラーが来て
大魔王を襲う。知らない内に黒のコアを埋め込まれてて怒ったハドラーは
大魔王と互角以上の勝負をし殺す寸前までいくがザボエラの横槍で逆に捕まる。
ハドラーを助ける為、ブロックが死亡する。
ハドラー襲来の際にポップとマアムは海に落ちて助かるが、この時
ダイがマザードラゴンによって天界に連れて行かれるのを目撃する。
ダイは天界で大魔王が神より強いのでどうしようもないと言われる。
天国に行けという母竜に魂となったバランが説得。
母竜は残った力をダイに与え地上に返す。
大魔王対策に究極の破邪呪文が必要となりレオナが修得する。
その呪文に必要なのは五人のアバンの使徒の魂の力。
その力があればアバンの証が光るはずなのにポップのだけは光らない。
苦悩するポップをよそに準備万端と喜ぶパーティ。
そこに魔王軍からヒュンケルとクロコを処刑するという知らせが届く。
みんなで助けて破邪呪文使おうとするとポップのせいで出来ない。
困ってたらポップに惚れてたメルルという女の子がポップをかばって大怪我。
ポップの事が好きだと告白するメルルにポップはマアムが好きだと告白。
勇気をだしたので証が光って破邪呪文発動。
魔王城に再び乗り込む。

375 :名無し :04/01/30 04:48 ID:???
城に乗り込んでオリ軍団を各自撃破。
ダイが頑張ってハドラー撃破。
この時罠にはまって死に掛けるダイをポップが助けるがポップも罠にかかる。
そしたら、生きてたアバン先生が助けてくれる。
後続をたつ為ヒュンケルがここで離脱。
なんか生きてたオリの一人と対決、自分は再起不能になりオリを仲間にする。
ラーハルとも来て仲間になる。
ダイ達はミストバーンと遭遇、ダイを先に行かせてポップ達がミスト足止め。
アバン先生キルバーンを倒す。ラーハルととオリがミスト戦に参戦。
ダイは竜の紋章をバランの分までだして魔王を殺す。
そしたら実は本当の魔王はミストバーンの体と
今まで魔王って言ってたやつの魂の合体した奴だった。
全員で大魔王の所に行くがダイ、ポップ、オリ、ラーハルト、アバン以外は
雑魚過ぎて玉みたいなのに閉じ込められる。
途中ゴメチャンが神の涙ってアイテムだったとかなんとかあって
みんなで(というかダイとポップで)大魔王倒す。
大魔王最強形態に変化。超でかくて強いけどダイも竜魔人になって倒す。
平和になって良かった、と思っていたらキルバーンが登場。
キルバーンは本当はロボットで黒のコア満載していて自爆寸前。
ダイとポップで宇宙に投げ捨てようとするがダイはポップを蹴落とす。
ダイが死んだと悲しんでいたらダイの剣が光っててまだ生きてるとわかる。
みんなのその後みたいなのがちょろっとあって終わり。

後半は省略しまくってるので注意してください。

378 :ダイの大冒険途中まで書いた奴 :04/01/30 13:43 ID:???
ありがとうございます。
俺がやってたらこの倍以上のレスを使っていたでしょう。

補足すると、
>>373
>ヒュンケルが命がけでバランを説得し仲間にする。
このときバランヒュンケルを見ては「もう二度と戦えない」と診断しました。
そのあとバーンと戦ってますw

ヒュンケルはサシでポーンのヒムを倒したあと、鎧をつけてない状態で
(魂はこもってないものの)オリハルコンのチェス軍団を倒しました。
鎧がないほうが強い。そのとき「これが本当に……最後の戦いだった」
と言っていたので、(何度も蘇っていることを)作者も自覚はしていたのでしょう。