愛がゆく/小山ゆう
146 名前:愛がゆく 1[sage] 投稿日:2007/07/06(金) 00:18:15 ID:???
天外孤独の北条松五郎は雪の降る夜に赤ん坊を拾う。
それは未来から送られてきた、男の赤ん坊であった。
何も知らない松五郎は自分にだけなつく赤ん坊を育てることにする。
ある日喧嘩で留置場に入れられた松五郎は婦人警官の秋本涼と知り合う。
涼に赤ん坊に名前をつけるよう諭された松五郎は赤ん坊を愛と名付けることにする。
北条親子と世話好きな涼、ヤクザの親分である涼の父親は親交を深めていく。

それから数年。北条愛は幼稚園に通っている。
気の優しい愛はいじめられる事もあったが、葵未来というお転婆な女の子の友達もできた。
ある日愛は母親の声を聞く。
その声は愛が未来から送られてきたこと、特別な力を身につけ人々を救うことになると繰り返す。
愛の超能力に気付いていた涼はその力が危うい物であることを感じ、力を使わないこと、誰にも秘密にすることを愛に約束させる。
現代にいる愛が超能力を使ったことを察知した未来人は現代に暗殺者を送り込んでくる。
未来社会を支配する頭脳コンピューターが、愛が人類死滅の大地に立つ場面を予知したため、
未来社会を滅ぼす悪魔となる愛を幼い内に殺そうというのだ。
偶然知り合いになっていた暗殺者辰巳と愛はお互いに好意を抱きつつも対峙する。
平和な現代での生活に憧れながら使命を忘れることが出来ず自分を殺そうとする辰巳を、
愛は超能力を使って殺す。

147 名前:愛がゆく 2[sage] 投稿日:2007/07/06(金) 00:20:47 ID:???
数年後、中学生になった愛。
未来から繰り返し送り込まれてくる暗殺者達を返り討ちにして生き延びてきた。
そしてその力も増大していた。
愛は学校では友人も居らず孤独だった。愛の秘密を知る未来を除いては。
ある日、未来からの追っ手を殺す所を見られた愛はそれを学校の不良に皆の前で暴かれそうになる。
咄嗟に記憶を操り忘れさせるが、人の心さえも操ることのできる自分の力を愛は怖れる。

ある日愛は強烈なテレパシーを感じる。
世界に散らばる同志に決起を呼びかけるものだった。
発信者は周小龍。
未来からやって来たが肉体を失ってしまい現代の赤ん坊に転生したと言う。
彼らの目的は歴史の流れの変革。
未来ではいくつかの戦争を経て理想的な世界統一国家がつくりあげられた。
しかし人工爆発が起きたため、優秀な人間だけが優秀な子を産むよう出生管理体制が敷かれ、
家族という物は存在していなかった。
その体制のおかげで驚異的進歩を遂げた未来社会はより優秀な人間を造るべく遺伝子操作、人工母胎を使い
特別な力を持つ超人間を産み出した。
しかし人類は次第に彼らを怖れ迫害するようになったため、彼ら超人間たちは未来から逃れてきたのだった。
異能の力を持つ自分の存在に悩んでいた愛は仲間の出現に喜ぶ。
自分も周たちと同様に未来から逃れてきたのかもしれない・・・
しかし人口母胎により産まれた超人間は母親を持たない。
母親がいる愛は、周一派とは微妙な関係に立つことになってしまう。

同じ頃、愛は危険な高校生・近藤狂平と知り合う。
狂平は超能力を潜在的に持っていた。
愛は力を持て余していた狂平に力の使い方を教え、2人は仲間となる。

148 名前:愛がゆく 3[sage] 投稿日:2007/07/06(金) 00:22:05 ID:???
やがて巨大なUFOがアメリカに出現する。
そこから発進した小型UFOが愛のいる家を破壊する。
同じころ世界に散らばる周小龍の同志たちも小型UFOに消滅させられていた。
UFOは超人間を追う未来人のものであった。
死んだと思われていた愛は周一派の超人間スーザンに救われていた。
スーザンは愛情という感情を持たない未来人であったが、短い時間ながらも愛に好意を抱くようになる。
そのスーザンを殺され、逆上した愛はUFOと戦闘。
重傷を負った愛は最後の力をふりしぼり涼の家にテレポートする。
愛を探す未来人は愛の顔を空に映し出し、出て来なければ街を破壊すると脅す。
UFOの力を見せつけられ恐怖した人々は愛が匿われている屋敷を襲う。
危ない所を狂平に救われ、愛、未来、涼、その父は逃亡の旅に出る。
廃墟となってしまった東京を見てショックを受ける愛。

やがて未来都市が南極にタイムワープしてくる。
米ソは未来人の本拠地である未来都市を核攻撃するが、ミサイルは反転し米ソのいくつかの都市は滅亡してしまう。
そして世界は未来人の支配下に置かれた。
未来人は戦争の無い理想的な世界統一国家とつくろうとする。
そして無駄な人間を減らすため、人間の能力を判別し数値化する機械を使い、人類の選別を開始する。
人々の額には消えない数字「ナンバー」が浮き上がる。
未来人はナンバー30以下の人間の消去を開始した。
愛のまわりでも、松五郎や気の良いヤクザたちが体の調子を崩し始める。
力を取り戻していた愛はナンバーを消すことの出来る周小龍の力にすがろうとする。
しかし下等な人間を救う暇は無いと断られてしまう。
大切な人達を救えず破壊の力しか持たないことに苦悩する愛に、松五郎は世界の人々の為に未来人と戦えと諭す。
愛は1人南極へ飛び、襲い来るUFOを破壊し尽くす。
同じ頃、日本では自衛隊員をリーダーとする反乱組織が日本統治指揮官ナサニエルを襲う計画を立てていた。
未来はこれに加わりナサニエルのいる迎賓館を襲撃するが、反乱組織は自衛隊に鎮圧される。
未来は危ない所をUFOに乗った狂平に救われていた。

149 名前:愛がゆく 4[sage] 投稿日:2007/07/06(金) 00:24:33 ID:???
一方、アメリカでも未来人への反乱が起きていた。
ホワイトハウスに押しかける人々がUFOに鎮圧されるのを透視した愛はアメリカに向かう。
そのとき周小龍からのテレパシーを受ける。
愛の力を怖れた未来都市側が周一派と和平交渉に入ったこと、理想国家建設のための人類選別は不可欠であることが伝えられる。
周小龍の考えを受け入れようとしない愛。
もはや邪魔な存在になってしまった愛に周小龍は戦いを仕掛ける。
非常に徹し切れない愛は氷に閉じ込められてしまう。

世界から代表としてナンバー80以上の人間が集められ、統一国家建設の為の世界会議が開かれる。
周小竜は未来都市側に要求を受け入れさせることに成功するが、都市の裏切りにあい
対超人間用の新兵器により周一派は全滅させられる。
周小龍の最期の叫びにより甦った愛は未来人を滅ぼす悪魔と化す。
アメリカにいた未来人指導者たちを抹殺し、再び南極へ向かう。
都市の中心には母がいた。
未来都市の支配者たる頭脳は母だったのだ。
母は語る。
愛を現代に送った自分を、国家はその力を利用するため都市の頭脳コンピューターに組み込んだこと。
未来の統一国家は自分が未来人に与えた偽の記憶にすぎず、未来都市が現代にワープした後、
人類は国家間の戦争により滅んだであろうこと。

そこに巨大母船を乗っ取った狂平を始めとする、各国の連合軍がやってくる。
しかし唯一残った指導者ナサニエルの操る新兵器に為す術も無く倒されていく。
愛は自分の身を犠牲にして未来たちを守り、最後の力を使って彼女らを安全な場所へとテレポートさせた後に倒れる。
生命反応の無くなった亡骸を母は宇宙空間に飛ばし葬る。
世界は再び未来都市の支配下に置かれた。

150 名前:愛がゆく 5[sage] 投稿日:2007/07/06(金) 00:25:50 ID:???
世界中の人々は瞬時に死の番号と化すナンバーに恐れを抱き、恐怖に押しつぶされそうになっていた。
ある頃から世界各地の子供たちが空を見上げるようになっていた。
子供は語る。空から天使が降りてくると。

宇宙空間で地球の惨事を透視していた愛は新たな巨大な力を身につけ地上に戻ってくる。
そして日本中の人々のナンバーを瞬時に消しさる。
続いて世界の人々のナンバーを消そうとするが、母が愛の邪魔をするべくナンバーに反応を与える。
母との激突は避けられないと悟った愛は南極へ向かう。
仲間を愛に消滅させられ怒った母は頭脳コンピューターを抜け出し、生身の体で愛と戦う。
しかし母の姿を見た愛は攻撃することはできず、一方的に傷つけられていく。
母は倒れた愛を抱き懐柔しようとする。
これに対し、最終戦争から未来世界を救うのが自分たちの使命だと考えた愛は母を抱き未来へとタイムワープを始める。
しかしこれを拒否した母のエネルギーと愛のエネルギーがぶつかり合い、母の体は消滅してしまう。

151 名前:愛がゆく 6[sage] 投稿日:2007/07/06(金) 00:26:59 ID:???
テレポートさせてから数日経っていたことを思い出した愛は未来たちの下へ。
しかし未来は死んでいた。
愛が生き返ることを願うと未来は甦る。
破壊の力だけでなく奇跡の力を授かったことに愛は感謝する。
そこに松五郎がやってくる。
松五郎は瀕死ながらも愛を助けるべくUFOを乗っ取り南極に来ていたのだった。
全てが解決したことを知り、愛と再び一緒に暮らせると喜ぶ松五郎。
しかし愛は未来世界に戻り人類の最終戦争を止めると言う。
それこそが特別な力を持って生まれた自分の使命だと。
愛は松五郎に別れを告げ、愛する未来とともに未来世界へタイムワープする。

しかし辿り着いた未来は既に人類が滅んだ後の未来だった。
頭脳が愛が人類死滅の大地に立つと予言していたことは正しかったのだ。
2人は日本へ飛び住むことが出来る場所を探しあて、未来でともに暮らしていくことを誓い合う。

おわり